【妊娠39週3日】リアル妊婦の愛用中マザーズバック選び方【妊娠10ヵ月】

life maternity

皆さま、こんにちは!
昨日の健診から一夜明け・・・あかちゃんが産まれた時の楽しみを妄想しながらのんびりブログを執筆します。
今日はそんな産後の妄想でウキウキしている私が愛用しているマザーズバッグをご紹介していきます。
ご出産を控えている方は用意必須アイテム!その内容を力説します!

本日の内容

  • マザーズバッグとは
  • バッグの中身
  • 新生児時期
  • 離乳食時期
  • マザーズバッグ選びのポイント
  • 大きさ
  • 素材
  • 収納力
  • 軽さ
  • 愛用中のマザーズバッグ
  • 選んだ理由
  • ポイント!
  • まとめ

スポンサードサーチ

マザーズバッグとは

そもそもマザーズバッグとは。
あかちゃんやお子さんを連れて出掛ける時に便利な機能を備えたバッグです。
おむつやミルクなど、必要なものを入れて外出しなくてはいけないママにとっては重要なアイテムですね。
 
私も妊娠をして一番最初に買ったグッズがマザーズバックで、妊娠初期から使用していました。
 
バッグの種類はトートバッグだったりリュックだったり、大型のリュックだったり、斜め掛けショルダーだったり。
その人それぞれのライフスタイルや好みに合わせて大きさや色を選べば良いかと思います。

バッグの中身

さて、マザーズバッグの中にはどんなものを入れるのでしょう?
基本的に必要なものを入れれば後は自由ですが、参考までに書き出してみました。

妊娠中の持ち物

  • お財布
  • 携帯
  • 母子手帳
  • ハンカチ
  • 飲み水
  • エチケット袋
  • 塩分の多い飴

基本的にはこんな感じではないでしょうか。
私個人的には、つわり中いつ嘔吐してしまうか分からなかったので常にエチケット袋は持参していました。
また、飲み水と塩分の多い飴も重要でしたね。
つわり時期から持ち始めて妊娠後期になった今でも万が一に備えて必ずバッグに持参しています。

つわり時期の状況はこんなかんじ

新生児時期

  • お財布
  • 携帯
  • 母子手帳
  • ハンカチ
  • ガーゼ
  • おむつ
  • おしりふき
  • 哺乳瓶
  • ミルク
  • お湯
  • 着替え
  • おむつ替えシートor大き目タオル
  • ゴミ袋

持ち物がかなり増えました。
長時間の外出は大変ですが近場の外出で最低限これくらいは必要でしょう。
また最近だとパックミルクなど便利な商品もあるのでそのような物を利用しても良いかもしれません。

離乳食時期

  • お財布
  • 携帯
  • 母子手帳
  • ハンカチ
  • ガーゼ
  • おむつ
  • おしりふき
  • 着替え
  • おむつ替えシートor大き目タオル
  • 離乳食
  • お食事エプロン
  • スプーン等
  • おやつ
  • ゴミ袋
  • ウエットティッシュ

更に荷物が増えます。離乳食に必要なものと離乳食が必要となるからです。
また子供はキレイに食事ができないので、ゴミ袋やウエットティッシュなども必要となります。
 
また工夫として、食事の時間を外した外出ならば荷物が多少は軽減されるでしょう。

スポンサードサーチ

マザーズバッグ選びのポイント

使用用途や頻度、場所などにより必要とするバッグが変わってくると思いますが、私なりの観点での選び方をご紹介します。

大きさ

悩みました。大きいものはとことん大きく、コンパクトなものはとことんコンパクトであるからです。
一番はどんな場面で使用するか。
 
私の場合、出産前は普段の買い物や、健診の時に。
出産直後は普段の買い物や近所の公園に行ったり、近距離の電車移動の為に。
離乳食時期までは荷物が増えますが、それ以降は減ることを想定して選びました。
 
なので外泊や遠出をする場合はサブバッグを用意するつもりです。
コロナ禍なのであまり外泊や遠出はよっぽどの事が無いとしないだとうという前提で購入しています。

素材

汚れが目立ちにくいもので選びました。
 
撥水加工のされたナイロンであれば雨が降ってもある程度安心で公園などに持っていっても汚れがすぐに拭き取れる。
そんな選び方をしました。
 
またデイリーで使用するので軽い重厚でない素材の方が都合が良かったです。
最近ではオシャレな皮素材などもありますが、元々そこは視野にはいれていなかったです。

収納力

これもとても重要ポイントです。
私の考え方が変わっているのか、バッグの中身を小分けするのにポーチを何個も持つのが嫌でした。
 
便利な反面、ポーチの重さもかさばるからです。
ならばバッグ自体にポケットが沢山ついていて尚且つ収納力があれば便利ですよね。
 
よくバッグの中でお財布が転がってどこに行ったか分からなくなるという理由でお財布ポシェットみたいなものを持つ方もいらっしゃいますが、私自身その荷物さえも増えるのが嫌でした。
ならばバッグの中で転がらなければいい!という感じです。
お財布も大きなものではなく小さいものに変えて、すぐ取り出せるバッグのポケットに入れておけばそれで済む事です。
小さいお財布流行ってますしね笑
 
そういった観点でも収納力は量だけでなく、小分けできるポケット機能も重要になってきます。

軽さ

収納力や素材とやや被りますが、バッグの軽さも重要事項でした。
荷物がどんどん増えるのは分かっているので、少しでも元々のバッグの重さは軽い方が良いのです。
ナイロン素材はやはり軽いので自分の中でベストですね。

愛用中のマザーズバッグ


上記のいろいろなポイントを踏まえて、私はデイリーに使える様なナイロン素材の黒リュックをマザーズバッグとして愛用中です。
『マザーズバッグ=大きくて機能が山ほど備わったバッグ』のイメージがある方も多いのではないでしょうか?

選んだ理由

私の場合、両手を空けたいというのがあり、リュックを選びました。
またデイリーでスーパーに行くのに使ったり、公園に行くのに使ったりしたいのでシンプルなナイロン素材の黒リュックに。
 
勿論、このマザーズバッグで妊婦健診にも行っています。
また里帰り前は交通手段が電車の事が多く、電車の中でも気にせずかさばらないものが都合が良かったです。

ポイント!

黒の撥水加工のナイロン素材で多少の雨でも大丈夫!
しかも軽い!
あかちゃんが産まれて荷物が増えても安心ですね。
 
かさばらず、中・外共にポケットが沢山ついています!
ポケットでそんなにいるの?と思われるかもしれませんが意外とあると便利ですよ。
バッグ内の仕分けはもちろんの事、一番外側のポケットには鍵などよく使う物を入れたり背のポケットには携帯を入れて取り出しやすく。
 
大きさは、ややコンパクトめなサイズで低身長の私でも、大きなリュックを背負っている印象になりにくいです!
マザーズバッグのオシャレではないイメージ(?)から、さりげなくオシャレ心をフォローしてくれています笑
 
ついでに言ってしまうと、こちらのリュックはマザーズバッグ専用として売られている物ではありません。
私が気に入ってマザーズバッグとして使用しているだけです笑
 
ちなみに都内で2人の子育てをしている(3人目妊娠中ワーママ)の妹も黒リュックをマザーズバッグとして愛用してます。
そう言った実際に使っている人の実績があるのがなによりの信頼です。
 
万が一、今使用しているマザーズバッグが壊れてもまた同じものを買いますね。
 
実際に、今使っているマザーズバッグの黒リュックは2代目です。
実は1代目は購入して早々に壊れました・・・
普通に使ってたのにな・・・と残念ではありますが、こちらのマザーズバッグは凄く丈夫ですね。とても安心です!
 
こちらのマザーズバッグ、さりげないリボンのチャームがついてて可愛い且つ使いやすいです。
リボンが苦手な方は外しちゃっても大丈夫です。

楽天Roomでも口コミご紹介中です

スポンサードサーチ

まとめ

マザーズバッグと言っても沢山の種類のバッグがあります。
私は用途で選べば良いと思いますし、折角日々使うのもなので自分が気に入って納得したものを使用したら良いと思っています。
 
今、どんなマザーズバッグを買うかで迷われている方が居たら参考になれば嬉しいですし、マザーズバッグは出産前に用意してしまった方が後が楽ちんだと思います。
色々なバッグを吟味してベストなマザーズバッグを選んで素敵なマタニティーライフをお過ごしください。
 
 
【一読ありがとうございます♡】
こちらは第1子妊娠中のアラサー、フリーランスHaruの妊娠生活ブログです。
・Instagram『haru_mama_diay』では妊娠生活速報をお伝え中。
・他にTwitterでは妊娠中の食事記録をまとめています。
 
 
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村の『マタニティブログ』ランキングに参加中です。
マタニティーブログpv1位ランクイン!いつも一読ありがとうございます!

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気記事【2020年5月最新版】20代前半の女性に人気なネイルデザイン10選

人気記事【男女別】不毛な恋愛を辞める方法【算命学】