【セルフネイラーさんも必見】プチプラカラージェルおすすめ

nail

ジェルネイルを始めたいけれど、どんなカラージェルを買えばいいだろう・・・ 
こんな疑問を持っている人も多いかと思います。 
セルフネイラーさんや客単が低いサロンは特に単価が高いカラージェルは経費がかさんでしまいます。 
今回はこんな問題を解決すべく、ネイリスト歴7年の私がおすすめするプチプラカラージェルをご紹介します。

もくじ

  • プチプラおすすめカラージェルはこれ
  • プチプラカラージェルのデメリット
  • プロが愛用するカラージェルとの比較
  • 費用を抑えたい人はやっぱりプチプラカラージェル

スポンサードサーチ

プチプラカラージェルはこれ

今回はお求めやすいプチプラカラージェルをいくつか紹介いたします。 
メリットは何と言っても価格が安いという事。 
プロ愛用のカラージェルと比べると10分の1くらいの価格で買えるものもあります。 
 
価格が安いと量が劣るのでは?と思う方も多いかと思いますが、量もメーカーにより多少前後しますがプロが使っているものと変わりません。 
プチプラジェルは単価が安いので一気に沢山のカラージェルをそろえやすいです。 
経費も抑えられるので開業したてのネイルサロンや初期費用を抑えたいセルフネイラーさんにもコスパが良すぎて助かります。 
また、気軽に買えるので万が一失敗した時でもダメージが少なく、メーカーも様々なメーカーさんから出ているのでとても充実しています。 
 
プロではない方でも購入しやすい楽天市場をメインに、ネイリスト歴7年の私がいくつかご紹介しますね。

まさかの138円ジェル ネオコレクション

>> ネオコレクション

とにかく安い!びっくりする程プチプラなネオコレクションさん。 
カラーの種類もとても多く選ぶのが迷ってしまいそう。 
ただ、写真見本と実物の色が少し違うので購入の際は、そこはご愛敬と言う事で。

セルフの王道 イロジェル

>> ネイルタウン イロジェル

こちらはセルフネイラーさん御用達の定番ではないでしょうか。 
カラー数も多く、コストパフォーマンスも良いです。パッケージも可愛いですね。 
テクスチャーはさらっとしすぎないテクスチャーなので初心者でも使いやすいです。

アート素材も充実 プチプラ

>> プチプラ

カラーのがとても可愛いジェルメーカーさんです。お店の名前が『プチプラ』さんなのでややこしくてスミマセン。 
お買い得なジェルにも関わらず品質にもとてもこだわりがあり安心してご利用いただけます。 
またパーツなどのアート素材もとても充実しているショップです。

プチプラカラージェルのデメリット

プチプラなカラージェルは沢山ありますが、もちろんデメリットもあります。 
デメリットをしっかりと踏まえたうえでジェルを選びましょう。

発色がイマイチ

これはその人の感覚によるので、感じない人も居ます。 
何年もプロ用のカラージェルで仕事をしている人は特に感じるかもしれません。 
お安い分、少し発色に欠けチープなイメージを持つ方もいらっしゃいます。 
ただこれは騙すとかではありませんが、分からない人もいらっしゃるので年齢層が高い方やジェルネイル経験豊富な方には予めお伝えしておくと良いかもしれません。

化粧品ジェルか雑貨ジェルか?

成分の問題です。安い製品にそれなりの安い理由があります。 
ジェルネイルの成分は大きく2つに分けられるのですが『化粧品ジェル』なのか『雑貨ジェル』なのかという事。 
『化粧品ジェル』は化粧品としての基準を満たした成分で作られていますが、『雑貨ジェル』は化粧品として条件を満たしていない成分が含まれています。 
多くのプチプラカラージェルは雑貨品である事が多いですが、中には『化粧品ジェル』のものもあります。 
成分に気を使われる方は『化粧品ジェル』を選びましょう。

蓋が空けにくい漏れやすい

容器の構造もこだわる人とこだわらない人がいるので、これもデメリットと感じない人もいます。 
比較的ですがプチプラなカラージェルは一昔前より、容器にも力を注いでいるので空けやすい容器、中身が漏れにくい容器に改善されつつあります。 
しかし、中にはそうでないものもあるのでレビューをよく読んでから購入するのがオススメです。

スポンサードサーチ

プロが愛用するカラージェルとの比較

前章でお伝えした通り、安価なものには安価な理由があります。 
では、多くのプロが利用しているプロ用のカラージェルとの違いは何でしょう。 
 
まず価格で言うと物によっては10倍違います。 
プロ用カラージェルが単価1200円~2500円程度に対し、プチプラカラージェルは単価140円~800円程度で容量はおおよそどれも3グラム~4グラムくらい。 
この価格差はネームバリューと品質にあります。

ネームバリュー

ブランド代金ですね。有名な〇〇先生プロデュースみたいなものでしたり、老舗ジェルブランドだったりします。 
ジェルメーカーは日々、戦争状態です。メーカーも沢山あるので勝ち残りが求められます。 
なので老舗ブランドは次から次へと新しいカラーなども沢山出ています。 
あとはInstagramで有名な先生がプロデュースすると、その分価値も上がります。

品質

これかジェルメーカーにとっても重大問題です。 
とある老舗ジェルメーカーから出ていたカラージェルで使用してはいけない分量の成分が検出されたことにより廃業となったジェルも過去にはあります。 
価格もそれなりなので、品質も必然と求められるのです。

発色

これは本当に分かる方と分からない方がいますが、プロ用のカラージェルはやはり発色がかなり良いです。 
爪に乗せた時のカラーがとても美しいです。 
7年もネイリストをやっていると色々なカラージェルに触れる事が多いですが、やはり発色の良いカラージェルは人によっては喜ばれます。 
何度も申し上げますが、気にならない人は本当に気にならないです・・・。

プロが愛用するカラージェルの一例

>> リーフジェル

『リーフジェル』有名な老舗ブランドです。 
色ムラも出にくく、テクスチャーも程よい固さなので比較的初心者さんでも使いやすいのが特徴です。 
数年前にパッケージもリニューアルし、より使いやすくなりました。

>> プリジェル

『プリジェル』『プリムドール』 
プロ用でありながら一般の方も手が届きやす価格設定とカラーバリエーションが豊富な事から利用されているサロンさんは多いと思います。 
ブライズとコラボレーションしているシリーズなどもあり、パッケージの可愛いさも抜群です。 
特殊なラメ系カラーも豊富です。

費用を抑えたい人はやっぱりプチプラカラージェル

初めてセルフネイルをやってみる方や、サロン経費をどうしても掛けられない方はやはりプチプラなジェルがオススメです。 
プロ愛用品と容量はほとんど変わらず、コストは10分の1のものもあります。 
私の経験上、高級住宅地のマダム層がターゲットのサロンでさえも客単価5000円から6000円程度。 
それに加えコロナショックなのでネイルにお金を掛ける人がより減っている気がします。 
そうなると、サロンも客単価をあまりあげる事ができません。 
 
今、あなたがネイルの施術をする目的はなんですか? 
自己実現のため、お金を稼ぐため、趣味で・・・など色々あるでしょう。 
プチプラな物にはそれなりの理由はありますが、一番はあなたがなせジェルネイルの施術をやっているかです。 
ニーズに合った商材選びが最も大事ですね。

人気記事【2020年5月最新版】20代前半の女性に人気なネイルデザイン10選

人気記事【男女別】不毛な恋愛を辞める方法【算命学】