【ネイルお休み中の人必見】爪のケア方法【たんぱく質を摂取】

nail

ネイルしたいなー。自粛続きでなかなかネイルサロンへ行けてない方、多いのではないでしょうか?
先月付けたジェルもそろそろ剥がれてきたし、自爪での生活がなんだか不安定という方も多いはず。
今回はネイルお休み中の方に向けて爪のケア方法についてネイリスト目線でのポイントをご紹介していこうと思います。

もくじ

  • 爪のケア方法に最適なのはたんぱく質の摂取
  • たんぱく質摂取の不安や疑問
  • たんぱく質の種類
  • 美容に気を使っている人にもたんぱく質摂取はオススメ

スポンサードサーチ

爪のケア方法に最適なのはたんぱく質の摂取

たんぱく質と聞いて何か思い当たる人は居ますか? 
私は元々、このネイリストという職業に就くまで栄養素の勉強をまともにした事が無かったので「たんぱく質?ん?なんだろう?」というレベルの知識でした。 
たんぱく質とは『お肉』『お魚』『卵』『大豆』などが挙げられます。 
最近はダイエットも流行しているのでプロテインでたんぱく質を摂取している人も多いのではないでしょうか? 
あとはインターネットの広告などで健康食品としてプロテインの宣伝などもありますね。 
 
たんぱく質は体内に摂取すると、体の一番大切な部分から使われます。 
体の一番大切な部分とは中心部の臓器ですね。 
心臓や内臓などの中心部からたんぱく質の栄養が行きわたり、余った分が肌や爪や髪の毛に届きます。 
 
とても恐ろしい話ですが、一日に必要なたんぱく質の量はお肉で言うとステーキ3~4枚分。 
卵で言うと7~8個分、納豆で言うと7~8パック分ともいわれています。 
物凄い量です。ちなみにこれは体重により、多少前後しますのであくまでもイメージです。 
 
とりあえず1日だけのチャレンジなら無理でもなさそうですが、毎日摂取するのはとても難しそう。 
それ故、プロテインなどの健康補助食品で補うのです。 
 
肌はボロボロ、爪もボロボロ、髪の毛はボサボサなんてさすがに自粛期間で誰にも会わないからと言ってさすがに耐えがたいですよね。 
他にもたんぱく質不足だと、免疫力の低下、代謝の低下、女性は月経不順に繋がります。 
 
今までネイルをしていた方は、全くネイルをしていない人よりも多少なりとはダメージが与えられます。 
どんなにネイルサロンで優しく施術されても、ネイルオフの時にアセトンに爪を浸したりだとか、表面を少し整えるのでダメージ0ではないのです。 
 
そのため、内側からのケアはかなり重要となります。 
私のサロンに来てくださってる方でも、意識的にたんぱく質を摂取している人は何も意識していない人よりも丈夫だったりします。 
 
ネイルをお休みされている方は、本当にたんぱく質摂取はかなりオススメなのです。 
ネイルを外して日々の生活の中、爪が弱っていると感じる方も少なくないでしょう。折れそうになったり、薄く感じたり、キレツが入ったりなど・・・そんなトラブルにはたんぱく質摂取です。 
 
最終的に爪だけに限らず、肌や髪の毛などの美しさにも関わるので一石二鳥ですね。 
 
ちなみに私もこれだけ書いているので常にたんぱく質摂取を意識しています。 
私の場合はソイプロテインを摂取しています。

各部位のたんぱく質の割合

たんぱく質ってそんなに大事なのか?と思う方も多いと思うので、各部位でどのくらいたんぱく質の割合が占められているのかみていきましょう。

ちなみにこちらも多少の個人差はあるので、あくまでも一般的なものとなります。

  • 髪の毛90%
  • 筋肉80%
  • 心臓60%
  • 皮膚60%
  • 脳45%
  • 骨30%

こんなかんじだそうです。髪の毛なんてほとんどたんぱく質なんですね。 
その証拠に、生卵は焼くと目玉焼きになります。目玉焼きって白身が固くなり、元に戻そうとしても戻りませんよね。 
人間の髪の毛も同じです。ヘアアイロンで押し当てた髪の毛は傷んで固くなります。 
その傷んで固くなった髪の毛は基本元には戻りません。 
トリートメントで柔らかくしているのは、単に表面を加工しているだけにすぎません。 
髪の毛も卵の白身と全く同じなのです。

たんぱく質摂取の不安や疑問

とても気になるのが、たんぱく質はダイエット中の人やボディビルの人が摂取しているイメージありませんか? 
特にプロテインなんてそんなイメージですよね。 
もしくは油ギトギトのお肉を沢山食べている太った人とか・・・。 
そんなに摂取したら体がおかしくなりそう・・・。 
 
そんな方に朗報です。たんぱく質だけをメインに摂取しなければ大丈夫です。 
むしろバランスよく摂取しましょう。 
 
少し余談ですが、自分の体はチーム戦で作られているとします。 
例えると、たんぱく質は古い細胞を壊す工場です。 
同じく工場で古い細胞を壊してくれるのがビタミン、ミネラル。 
工場に栄養素を送り込むのがDHA、EPAという良質な脂です。 
おその脂を吸収するのが腸なので、食物繊維や乳酸菌、ビフィズス菌で腸内環境を整える事が大切と言われています。 
 
これで分かる通り、たんぱく質だけを過剰摂取するのはアンバランスであり、単に工場で古い細胞を壊しているだけ。 
工場には栄養素を運ぶ良質な脂が必要だったり、そもそも栄養を吸収する食物繊維などでつくられる健康的な腸も必要となるわけです。

たんぱく質のアミノ酸バランスも大事

たんぱく質ってそもそも『9種類のアミノ酸』から成り立っています。 
このアミノ酸バランスが整っているたんぱく質をするのがベストとされています。 
ただこのアミノ酸バランスが完全に整っていたりする製品は、そう多くはないでしょう。もしくは高額だったり。 
 
アミノ酸バランスがどんなイメージかと言うと、アミノ酸という桶がありそれぞれ9種類の板で構成されているとします。 
桶の中には水が入っていて、バランスが良いと言うのはそれぞれの板の高さが同じなので桶の中の水はこぼれません。 
しかし、板の高さが違うと短い板の所からどんどん水があふれてしまいますね。 
 
バランスとはこういう事です。なんとなく分かれば大丈夫です。 
ちなみにこのアミノ酸バランスが取れている状態をざっくり言うと『アミノ酸スコア100』とか『PDCAAS1.0』とか言ったりします。

スポンサードサーチ

たんぱく質の種類

もし筋肉ムキムキのイメージが拭えない人は動物性ではなく『植物性のたんぱく質』で補うと良いですよ。 
植物性の方が動物性に比べ吸収はゆっくりなので、筋肉ムキムキには動物性のような即効性が必要となるのですが、美容的な意味で言うと吸収がゆっくりな植物性のたんぱく質が良いです。

植物性たんぱく質

最も有名な原料は『大豆』とはじめとする豆類です。大豆やえんどう豆、小麦など。 
その他にも『穀物』『野菜』『ナッツ』にも含まれていると言われています。イソフラボンと聞くといかにも大豆で肌に良いイメージありますよね。

動物性たんぱく質

そのままですが『お肉』『お魚』『卵』です。まさしくボディービルダーの人が飲んでいるイメージ。 
 
ちなみに最近よく耳にする『ホエイプロテイン』はチーズや乳製品を作る時にできる汁の事です。 
そこにも沢山の栄養価があり、また吸収スピードが速いと言われているので筋肉を作るのに最適と言われています。

美容に気を使っている人にもたんぱく質摂取はオススメ

ここを読んでくださってる方は、そんなに筋肉を作りたくて読んでる人は少ないと思うので肌や爪や髪の毛などの美容目的であるのならば植物性を選んでも良いと思います。 
 
ちなみに爪は肌の延長の組織なようなもので、肌の固くなったバージョンが爪だと思って頂いて大丈夫です。 
爪も肌同様3層になってできています。 
よくネイルサロンに行くと、オフをした時に爪の表面に白い斑点がありませんか? 
あれは二枚爪と言って、爪の一番上の層が浮いている状態です。 
 
主な原因は乾燥だったり爪の栄養不足だったりします。 
それ故、ネイルサロンに行くとしつこく「保湿しましょう」と言われるのです。 
もちろん保湿も大事ですが、栄養は根本的な解決になります。 
 
肌で説明すると分かりやすいのですが、肌は表面から『表皮』『真皮』『皮下組織』という順番で層になっています。 
私達が普段見えている肌荒れやニキビやシミなどは表皮で起こっているものです。 
爪の表面上で起こっている事も肌と同じ、表皮で起こっている事です。 
 
肌荒れがあるとビタミン剤を摂取したり、クリームを塗ったりしますよね。 
爪も同じで爪の表面でトラブルがあれば、たんぱく質を摂取するというだけの事なのです。 
肌もたんぱく質からできているので本当に一石二鳥です。

手に入りやすい植物性プロテイン

私も日ごろオーガニックの植物性プロテインを摂取しています。 
ちなみに私が摂取しているプロテインは『アミノスコア100』『PDCAAS1.0』の良質なものを採ってます。摂取量にもよりますが初心者さんは1か月1缶4400円程度です。

スポンサードサーチ

まとめ

爪のケアにたんぱく質摂取が良い理由がなんとなく見えてきたでしょうか? 
私もネイリストになるまで本当にたんぱく質なんて肉と魚でしょ?くらいなかんじでした。 
情報を取るとても面白く、お得な事ばかりですね。 
 
また一般的にネイリストは栄養素に詳しくない方も多いため、はじめて私のサロンでこの話を聞く方はびっくりするでしょう(笑) 
今、自粛中でなかなかネイルに行きたくても行けない方の為にこの情報を届けられたら良いと思います。 
そしてお休み期間中、ゆっくり爪のケアをしていただいてまた元気な爪でサロンにいらしてくださいね。 
 
もし質問があればお受けします。 
 
私も頑張ってたんぱく質を摂取して爪のケアしてます!

人気記事【2020年5月最新版】20代前半の女性に人気なネイルデザイン10選

人気記事【男女別】不毛な恋愛を辞める方法【算命学】