【リピーター獲得】お客様を満足させるネイルサロン【基礎講座】

nail salon work

リピーターをつくりたいネイリストさん! 
オンラインが時代の主流となった今、そもそも来店が無く、苦戦していたり来店が無いからこそリピーターをつくるのが難しくなっている方は多いのではないでしょうか。

最近ではサブスクリプション化で永続的にリピーターをつくるシステムもよく見かけます。本や音楽業界などが身近な例で言うとよく見ますよね。 
 
そんな中、ネイルサロンもこのご時世リピーターを獲得するのが結構大変だったりします。そもそも来客が少ない・・・。 
だがしかし、全国のネイリストさん。ご安心ください! 
 
おそらく自粛期間が延びている為、6月頭にはしびれを切らした多くのお客様がご来店される可能性が高いです。 
その時がチャンスです。いかにご来店されたお客様を満足させるかによって、その後の売り上げが変わってきます。 
 
その時にご来店されたお客様の心をしっかりとリピーターにする事により、夏の繁忙期の結果が変わります。 
 
これから書いていくリピーターをつける方法は基礎中の基礎ですが経験上、意外とできていない方が多いので記事にしてみました。

もくじ

  • お客様の一番の目的は満足するネイルをする事
  • 安さを売りにすると自爆する
  • ネイル+付加価値が有るサロンと無いサロン
  • 満足するネイルをしてくれるサロンはリピーターに繋がる

スポンサードサーチ

お客様の一番の目的は満足するネイルをする事

本当に基本ですが、もしあなたがネイルをするなら 
どんなサロンでネイルをしたいですか? 
スタッフさんの対応ですか? 
それとも可愛い内装ですか?それとも立地が良い所ですか? 
 
いえいえ違います。 
答えは『満足するネイルができるかどうか』です。 
 
近年では当たり前のように、価格競争や接客マナーや付加価値のあるサービスで差をつけるのが当たり前になってきましたが、そこで差が付くなんてもう幻です。 
 
逆に、近年ではそんなものは当たり前になっているので、当たり前の様な付加価値では差は全く付かなくなりました。 
 
かつて経験値の浅かった私は、お客様と話が弾めはリピートしてもらえるだろうとあさはかな考えでした。 
そんな考えを持っていたからこそ、なかなかリピーターに結び付かなかったのです。

お客様は『満足するネイル』を求めている

結論から言うと、どうしたらリピーターに繋がるかは『満足するネイルができるかどうか』です。 
 
満足とは『技術がうまい』と言う事だけに限らないです。 
自分の思い通りのデザインにしてくれるか、希望の色にしてくれるか、自分に合った提案をしてくれるかなどです。 
これを総称すると『お客様は自分に尽くしてほしい』のです。 
 
仕上がりがキレイだったり、スピーディーだったりは小手先の技術です。 
技術がうまいネイリストは沢山います。お客様からしたらそれはあなたではなくても代りは居るということ。

ネイルをする理由は『他人からの承認』の為

最近のお客様は『求めている』気がします。 
そもそも、このコロナショックで感じた事は、ネイルをする女性の心理は『自己満足』の為ではなく『誰かに見られて褒められるからネイルをする』という事です。 
 
全員がそうとは思いませんが、大半の方は他人からの承認の為にネイルをしています。 
 
自粛が続き、他人と合わなくなると身なりを整える事の優先順位が下がります。 
ネイルは元々嗜好品なので、真っ先に需要は減ります。 
 
他人に会う事が減ったので、『ネイルをしても見られない=ネイルをする必要がなくなる』となります。 
 
決して勘違いして欲しくないのは、これが悪い事と言う話ではなく自然な事であると言いたいのです。 
ちなみに私もしばらく美容室に行っていないので同じです(笑) 

人間には6つの欲求があります。

  • 生存の欲求
  • 繋がりの欲求
  • 承認の欲求
  • 自由の欲求
  • 楽しみの欲求
  • 精神的幸福の欲求

こんな欲求があるそうです。 
なのでネイルをして褒められたい欲求は当たり前なのです。 
近年では、自粛前を考えると働き方も多様化し社会との繋がりもより多くなっていたと思います。科学やITが発達して楽しみも沢山増えました。 
 
そんな中、承認の欲求を満たすのはまだまだ科学やITだけではでできるものではないと思っています。 
 
こちらのnoteに更に詳しく具体的に『リピーターをつくる接客術』の具体例が記載してあります。

安さを売りにすると自爆する

これは言わずとも分かる事ですが、安さを売りにすると自爆します。 
価格戦争に巻き込まれて、体力のある大手に一気に成敗されてしまいます。

安さは安さなりの理由がある

私は初回の爪が傷んでいるお客様によく同じ質問をします。 
『今までどのようなサロンさんに行かれましたか?』 
これには意味があって、初回のお客様で時々爪が物凄く薄かったりお痛みが出てたりする方が居ます。 
一概には言えないのですが大抵が価格破壊レベルのサロンに行っていたか、 
オフの時に痛いと感じていたお客様です。 
 
これはどういう事かと言うと、安いには安いなりの理由があります。 
【安い→1人のお客様に時間を掛けられない→オフが雑】 
こういうロジックです。 
 
これは実に悲惨です。 
単価が安いので、回転数を上げるしか利益が上がらないからです。 
 
必ずしも安い=オフが雑とは限りませんが、これからネイルサロン探しをする方は気を付けましょう。 
 
また、そもそも価格でサロンを選ぶお客様はリピーターにはなりません。 
厳しい事を言うようですが、一生価格が安いサロンに行き続けます。 
それはネイルの価値観を価格でしかみていないからです。 
 
ネイリストがどんなに素敵な接客をしても、どんなに技術が上手でも、どんなに沢山の付加価値が付こうが関係ないのです。 
場合によってはクレーマーにもなりやすいので気を付けましょう。

スポンサードサーチ

ネイル+付加価値が有るサロンと無いサロン

さて、本題にもどりましょう。 
『お客様の一番の目的は満足するネイルをする事』と、伝えましが近年では当たり前のように付加価値は求められています。 
 
スタッフの対応の良さは当たり前、内装がキレイなのも当たり前、立地が良いのも当たり前、その他付加価値のあるサービスを提供するのは当たり前です。 
逆にこれらをしていなかったらどうでしょう。 
 
不愛想なネイリスト、ボロボロの隙間風が寒い内装、駅からバスと徒歩でようやくサロンにたどり着く、特に見当たる付加価値は無い。 
 
どうでしょうか?最悪ですね。 
無いよりはあったほうが絶対に良いです。 
ではどんな付加価値があると喜ばれるでしょう。付加価値と言っても様々です。 
経験値上、サロンのタイプ別にどんな付加価値があると喜ばれるかお教えします。

繁華街で若年層が多いサロン

渋谷、原宿など繁華街で若年層が多いサロンはネイリストとのコミュニケーションの付加価値が求められます。 
友達のように話せる関係性、なんて事ない今話題の物事についてのトークなどです。

オフィス街で富裕層に向けたサロン

清楚感とスピードです。 
中には仕事中に立ち寄る人も居るでしょう。あまり長い時間も掛けてられないので手早くできると喜ばれます。またオフィス街は土日に人は基本居ないので、平日の夜遅くまで営業して土日祝はお休みでよいと思います。 

住宅地で富裕層が多いサロン

とにかくリラックス感が大事です。 
富裕層だからと言ってあまりにも単価を上げると痛い目にあいます。お茶出しなどをすると結構喜ばれます。 

満足するネイルをしてくれるサロンはリピーターに繋がる

結局のところ満足するネイルサロンはリピートに繋がります。 
『満足』とは人により基準が異なりますが、なんだかんだ付加価値の部分や価格ではなくネイルそのものです。 
 
ネイリストさんは予定通りにいけば自粛明けの繁忙期が待っています。 
たとえコロナの影響があったとしても今の状況よりかは少しマシな状況になるでしょう。 
 
よくサロンコンサルでは実際にネイリストではない人や現役を退いた元ネイリストが集客コンサルを行っていますが 
今の時代、SNSや便利なアプリもあるので正直集客はそんなに難しくないです。 
 
本当の意味で実力を問われるのはリピーターを作る事です。 
一緒に頑張りましょう。

人気記事【2020年5月最新版】20代前半の女性に人気なネイルデザイン10選

人気記事【男女別】不毛な恋愛を辞める方法【算命学】